2011年05月10日

今回の巨大地震を筋反射で予知

UFO院長(UFOの里鍼整体院

 上級セミナーに参加していて良かった不思議な体験を説明したいと思います。

 私は三月十一日の一週間前から巨大地震が来ると空間の気で感じていました。実際三月十一日の十四時四十六分に地震が発生した瞬間に「」普通と違う地震だから今すぐに窓を開けなさい」と知らせが入って来たので窓を開けました。その後、揺れはますます大きくなり立っていられなくなったので、同僚と窓から外に避難しましたが揺れが止まりません! この地震は長すぎると感じながら、地面を見ると凄い勢いで波を打っていました。

 地震がおさまると「」実家の方面が被害を受けているからすぐに向かいなさい」と知らせが入って来たのです。停電の影響で信号は作動していなく、自衛隊の車列で道路は大渋滞! 実家までは約四〇キロあり悩んでいると突然、「あっちの方向やこっちの方向に進めば渋滞を避けて実家に行けるよ」と私に教えてくれます! 実家周辺に近づくにつれ外壁が倒れ家屋は倒壊し、道路は地割れでジャンプ台のようになっている様子が目に入ってきた時は、ハンドルを握る手は震えていました! 幸い実家の倒壊は無く両親も怪我も無く無事でした。

 この町は約四五件が倒壊し、避難所の体育館は約一〇〇人の町民で混雑していました! 帰り道も宇宙エネルギーの力で教えて頂き大渋滞を避けて帰宅できましたよ。   本当に助けられたのはこの後起きる大事件です。TVの画面に目を疑うような映像が流れいるのです。それは福島原発の水素爆発の映像です。最初は何処かの国で起きている事故? と思っていましたが違うのです! 私がいる場所から原発まで約四五キロで、目で見る感じではやばいと思いましたが、空間の筋反射では大丈夫と反応するので普通に会社に出勤しリハビリの仕事を行っていました。しかし「十三日の夜に明日からは外に出るな」と知らせがくるのです。家族はまったく危機感を感じていませんでしたし、十六日も近所の子供達は外で遊んでいますし、ジョギングをしている人もいましたよ(笑)。

 十七日位から状況が変わってきました。隣近所も避難を始め外で遊ぶ子供達の姿も見えなくなりました! 会津鉄道を使って東京に避難する人や福島空港から避難する人達が増えてきましたが、私は空間での筋反射で「」十五日は絶対外に出るなと十六日以降は外出は控えて外出する時は絶対にマスクは着けろ」との反応(知らせ)が返ってきます。十六日に防護服のような格好をしているのは僕の家族位でしたよ(笑)。避難する人がいても筋反射ではこれ以上原発は悪化しない、家の中で十分安全だと反応が返ってくるので過剰反応を示さず、一週間は家の中で缶詰状態で過ごしました。後々の報道で十五日が一番やばい状況だったと知り、十五日に外にいた人はかなり被爆をしているのでは? という話もなされています。

 今では近所の方々も自宅に戻り、子供達の姿も見え事故前の状態に戻ってきています。普段はなかなか休みが取れないが、仙人が福島県に訪れた時には偶然に午後から仕事が休めて仙人と会うことが出来て、福島市の茂庭までガイドすることが出来ました。ここでの再会がきっかけで私は仙人から紹介されたホーリバジルの1鉢運動をボランティアで始めるようになり、福島県の迅速なシーベルト低下の為に1鉢運動を広めていきたいと思います。

 上級セミナーに参加したお陰で偶然が起こったりと、いろいろ助けて頂きました!

大島会長や仙人とは何処かで繋がっている感じを受けるのは僕だけでしょうか?(笑)宇宙エネルギーって楽しくて面白くて将来が明るくなると実感しましたよ!

 

 
posted by kabe at 01:18| Comment(0) | 日記